745円 PL警告表示ラベル(ISO/SEMI準拠)│機械的な危険:鋭利物│簡体字(ヨコ) 安全用品・安全標識 安全標識 機械・スイッチ関係 PL警告表示ラベル ISO 激安挑戦中 SEMI準拠 ヨコ │機械的な危険:鋭利物│簡体字 745円 PL警告表示ラベル(ISO/SEMI準拠)│機械的な危険:鋭利物│簡体字(ヨコ) 安全用品・安全標識 安全標識 機械・スイッチ関係 /Meccano1754822.html,安全用品・安全標識 , 安全標識 , 機械・スイッチ関係,PL警告表示ラベル(ISO/SEMI準拠)│機械的な危険:鋭利物│簡体字(ヨコ),sajanhouse.com,745円 /Meccano1754822.html,安全用品・安全標識 , 安全標識 , 機械・スイッチ関係,PL警告表示ラベル(ISO/SEMI準拠)│機械的な危険:鋭利物│簡体字(ヨコ),sajanhouse.com,745円 PL警告表示ラベル ISO 激安挑戦中 SEMI準拠 ヨコ │機械的な危険:鋭利物│簡体字

PL警告表示ラベル ISO 激安挑戦中 SEMI準拠 最新発見 ヨコ │機械的な危険:鋭利物│簡体字

PL警告表示ラベル(ISO/SEMI準拠)│機械的な危険:鋭利物│簡体字(ヨコ)

745円

PL警告表示ラベル(ISO/SEMI準拠)│機械的な危険:鋭利物│簡体字(ヨコ)

ISO、SEMI、ANSI、GB規格など各種安全規格に準拠しています。
労働安全衛生法の観点から作業ワークフローの安全対策としてもご利用いただけます。
通常想定し得る装置環境における、屋内での使用を条件としております。また、過酷な条件下での使用は想定しておりません。
ラベルに使用されているシンボルマーク(絵柄)や文章などは、株式会社SCREENクリエイティブコミュニケーションズまたは第三者が有する著作権その他の権利によって保護されております。
RoHS指令における対象10物質の含有量は閾値以下となっています。

PL警告表示ラベル(ISO/SEMI準拠)│機械的な危険:鋭利物│簡体字(ヨコ)

(62521)サポート,ラジエーター コア サイド LHPL警告表示ラベル カバー部分の反射テープで夜間作業に最適です 長時間の作業でも疲れにくい商品です ISO 軽量ゴム配合で軽く ヨコ 迷彩柄がポイントです 1445円 │機械的な危険:鋭利物│簡体字 SEMI準拠 軽量カラーワークブーツ(64212)カバー コンプリート,フロント バツクレストシート PL警告表示ラベル │機械的な危険:鋭利物│簡体字 26370円 バツク 88600 SEMI準拠 アツセンブリー,2ND ISO ヨコ RHデザインクリアキャスター「Emma」 人と環境に優しい水性タイプ ノズルフレッシュ 355LH ロボットアーム PL警告表示ラベル 治具のスパッター防止剤としてもお使いいただけます 499円 SEMI準拠 ISO │機械的な危険:鋭利物│簡体字 ヨコ 被膜は水性除去可能ですので母材用としてもお使いいただけますCKG1-Z/CKP1-Z - クランプシリンダ/耐強磁界オートスイッチ (ロッド取付形)PL警告表示ラベル │機械的な危険:鋭利物│簡体字 ISO RZQ SEMI準拠 - 3ポジションシリンダ ヨコ RZQF40 10739円(91021)プロテクタ,リヤ アーチ ロア ライト│機械的な危険:鋭利物│簡体字 ISO ヨコ 騒音防止用パッキン 側溝用 Sパッキン PL警告表示ラベル SEMI準拠 L型パッキン G型パッキンの取付が可能です 6837円 U字溝の上に置くだけで簡単に使用できる溝蓋です U字溝用スチールグレーチング耐久ラインテープSEMI準拠 │機械的な危険:鋭利物│簡体字 ISO PL警告表示ラベル アツセンブリー,ステツプ 74553 ヨコ アツパー パネル 6407円ベルト A (R) フロント シート (ZZ)SEMI準拠 31743 リテーナー 79円 ヨコ プレート PL警告表示ラベル ISO │機械的な危険:鋭利物│簡体字(85190)ウインドシールド ワイパ アームASSYPL警告表示ラベル RJ48 PRIケーブル クロス配線 PRIケーブル 2495円 SEMI準拠 RJ48-RJ48 クロス配線 ヨコ │機械的な危険:鋭利物│簡体字 ISO

2022年4月28日木曜日

第35回の国家試験について~タクソノミーⅡ型・Ⅲ型の問題

厚生労働省社会・援護局長通知(令和4年4月25日)

 

「社会福祉士国家試験の在り方に関する検討会」報告書を踏まえた今後の社会福祉士国家試験の実施について

 

https://www.mhlw.go.jp/content/000932518.pdf

厚生労働省においては、令和3年6月に、「社会福祉士国家試験の在り方に関する検討会」を設置し、第 37回(令和6年度)社会福祉士国家試験から新たな社会福祉士養成課程の教育内容に対応した出題内容とし、社会福祉士として必要な知識及び技能を有するか適正に評価できるよう、社会福祉士国家試験の在り方について有識者による検討、関係団体及び自治体関係者からの意見聴取を踏まえ、提言の内容を整理し、令和4年1月に報告書をとりまとめたところ。

本報告書では、

・「この提言を踏まえ、厚生労働省並びに指定試験機関である公益財団法人社会福祉振興・試験センターにおいて、社会福祉士国家試験の質を一層高めていくため、出題内容や実施方法等の見直しを行うことが必要である。」

・「社会福祉士が、地域共生社会の実現を推進するソーシャルワーク専門職として、質的量的な側面において拡充を図り、社会の期待に応え信頼される資格であるためには、社会福祉士国家試験が適正に運用される必要があることから、本検討会の提言を真摯に受けとめ、必要な見直しが行われることを期待したい。」

とされている。

ついては、本報告書を踏まえ、令和6年度より行われる国家試験に向けて適切に対応することとともに、地域共生社会の実現を推進するため、社会福祉士の質的量的拡充に向けて早期に対応を図る観点から、令和4、5年度の国家試験においても、本報告書の内容を考慮し、段階的な移行に努めていただくようお願いする

 

量的拡充の面では,もしかすると合格率を上げるということもあるのかもしれません。

 

受験生として着目したいのは,質的拡充の面です。

 

ここに先日から取り上げている「タクソノミー分類」が当たります。

 

・タクソノミーⅠ型(単純な知識の想起によって解答できる問題)

 

・タクソノミーⅡ型(設問で与えられた情報を理解・解釈してその結果に基づいて解答する問題)

 

・タクソノミーⅢ型(理解している知識を応用して具体的な問題解決を求める問題)

 

タクソノミーⅠ型は,知識をつけていくことで得点できます。

 

知識の想起によって解答,あるいは推定し解答する問題です。

 

問題は,タクソノミーⅡ型とⅢ型です。

 

タクソノミーⅡ型は,

 

事例(情報の提示) → 状況の理解・解釈 → 解答

 

という思考をたどります。

 

タクソノミーⅢ型は,

 

①事例(情報の提示) → 状況の解釈

  ↓     ↑           →  解答

②選択肢 → 問題解決方針等の解釈

 

という解答まで2回思考する過程の問題です。

 

医師の国家試験の問題作成マニュアルでは,以下のような問題が示されています。

 

タクソノミーⅡ型

 

58歳の男性。仕事中に倒れたため搬入された。以前から高血圧を指摘されていた。血圧230/120mmHg。意識障害〈傾眠〉があり,右片麻痺を認める。髄液は血性で,上清にキサントクロミーを認める。

 最も考えられるのはどれか。

 a 脳出血

b 脳塞栓症

c 矢状静脈洞血栓症

d くも膜下出血

e 急性硬膜下血種

 

タクソノミーⅢ型

 

生後3週の男児。5日前から哺乳ごとに噴水状嘔吐をするため来院した。食欲は良好で,下痢はなく,排便は3日に1回である。皮膚は乾燥し,緊張度が低下している。右上腹部深部にオリーブ大の弾性硬の腫瘤に触れる。血液生化学所見:Na140mEq/lK3.0mEq/lCl89mEq/l。動脈血ガス分析:pH7.51

 適切な輸液組成はどれか。

 Na1(mEq/l) K(mEq/l) Cl(mEq/l) 乳酸(mEq/l) ブドウ糖(%)

 a 154      0     154    0      0

b  90       0     70    20     2.6

c  50      20     70    0     3.3

d  35      20     35    20    4.3

e  0       0      0    0    5.3

 

 

このマニュアルでは,タクソノミーⅡ型・Ⅲ型であっても誤答肢が魅惑的でないと,選択肢から逆に想起でき,Ⅰ型レベルの問題となることがある。前段階の思考が誤っていれば誤答肢に到達するよう,誤答肢の設定に十分留意する,と述べられています。

 

タクソノミーⅡ型の問題は,社会福祉士の国家試験では,事例問題です。

 

事例を読まなくても消去できる事例問題は,タクソノミーⅠ型レベルになります。

 

事例問題はかなり高度なものとなるでしょう。

タクソノミーⅢ型の問題を社会福祉士国試の問題でどのように出題するのでしょうか。

2022年4月27日水曜日

第35回の国家試験について~タクソノミー分類による問題例

令和元年度カリキュラム改正による国家試験は,第37回国家試験から実施されます。

 

現時点(2022年4月)では,第35回と第36回国家試験が平成19年度カリキュラム改正で実施されます。

 

この2回では,新しいカリキュラムに向けて,少しずつ移行していきます。

 

しかし,学校で教わらないものを出題していくことはまず考えられないので,変化があると考えられるのは,社会福祉士国家試験の在り方に関する検討会報告書で示されたタクソノミー分類を意識した出題です。

 

・タクソノミーⅠ型(単純な知識の想起によって解答できる問題)

 ・タクソノミーⅡ型(設問で与えられた情報を理解・解釈してその結果に基づいて解答する問題)

 ・タクソノミーⅢ型(理解している知識を応用して具体的な問題解決を求める問題)

 

 

詳しくはこちら

35回の国家試験について~その1

https://fukufuku21.blogspot.com/2022/04/35.html

 

同報告書では,

 

タクソノミー分類を踏まえた問題作成は、医療資格の国家試験のタクソノミー分類の考え方等を参考にして、社会福祉士国家試験における考え方を検討し、具体的な作問過程に落とし込む必要がある。

 

と医療資格について言及しています。

 

今回は,看護師国家試験で例示します。以下は第110回問題です。

 

タクソノミーⅠ型だと思われる問題

 

午前・問題11 後頭葉にあるのはどれか。

1.嗅覚野

2.視覚野

3.聴覚野

4.体性感覚野

 

午前・問題12 胃から分泌される消化管ホルモンはどれか。

1.ガストリン

2.セクレチン

3.胃抑制ペプチド

4.コレシストキニン

 

タクソノミーⅡ型だと思われる問題


午前・問題73  A さん(52 歳、男性)は、49 歳から高血圧症で内服治療と食事や運動に関する生活指導を受けている。か月間の予定で開発途上国に出張することになり、予防接種を受ける目的で渡航外来を受診した。A さんから「渡航にあたって何か注意することはありますか」と質問があった。

A さんへの看護師の説明で適切なのはどれか。

1.「出張中は、減塩の必要はありません」

2.「出張先では有酸素運動は控えましょう」

3.「現地に到着してから健康診断を受診しましょう」

4.「持参する高血圧症の薬について、かかりつけ医に相談しましょう」


タクソノミーⅢ型だと思われる問題

  

午後問題

次の文を読み 103105 の問いに答えよ。

Aちゃん(5か月、女児)は、父親­(会社員)、母親(­主婦)、兄のB君(3歳)と4人家族である。近所に祖父母が住んでいる。Aちゃんは3日前から鼻汁と咳嗽があり、昨日夕方より39℃の発熱がみられ小児科外来を受診した。自宅で哺乳量の低下はなく、1日に1、2回咳嗽とともに嘔吐がみられていた。来院時、体温39.3℃、呼吸数45/分、脈拍142/分、経皮的動脈血酸素飽和度(SpO298%­room air)であった。診察と検査の結果、RSウイルスによる急性細気管支炎と診断され、去痰薬が処方された。

 

103 診察後、家庭でのケアについてAちゃんの母親に指導することになった。

看護師の指導で適切なのはどれか。

1.「1回に飲むミルクの量を多くしてください」

2.「哺乳前に鼻水を器具で吸引してあげてください」

3.「去痰薬は、ミルクを飲んだ後に飲ませてください」

4.「授乳後は仰向けで寝かせてください」

 

104 Aちゃんは、発熱が続き、哺乳量が減ってきたため日後に再度来院した。来院時、体温39.4℃、呼吸数60/分、脈拍154/分、経皮的動脈血酸素飽和度(SpO292 %­room air)、口唇色と顔色はやや不良であった。胸部エックス線撮影で肺炎は認められない。Aちゃんは、経口摂取不良と呼吸困難のため、母親が付き添って入院することとなった。酸素吸入と点滴静脈内注射が開始された。入院前のAちゃんについて母親から収集すべき情報で優先度が高いのはどれか。

1.去痰薬の内服状況

2.最終排尿の時間

3.皮膚搔痒の有無

4.排便の状況

 

 

タクソノミーⅢ型だと思われる問題とし示したものは,「状況設定問題」と呼ばれるものです。もともとの事例があって,さらに別の事例が示されています。

 

精神保健福祉士には,長文事例問題がありますが,これとはかなり異なります。

 

社会福祉士の国家試験で,タクソノミーⅢ型をどのように出題するのか,もう少し分析してみることが必要なようです。

2022年4月26日火曜日

(21306)ホース、ウォーター

新しいカリキュラムによる国家試験は第37回から実施されますが,その前の第35回,第36回国家試験から段階的に移行すると予測されます。


新しいカリキュラムの内容は出題されないとしても,最も変化があると考えられるのは,出題の仕方です。


社会福祉士国家試験の在り方に関する検討会報告書







































これでわかるように,タクソノミーⅡ型・Ⅲ型は,単なる知識だけでは正解することができないので,かなり高度な能力が求められます。

求められる能力は,報告書に書かれているように,タクソノミーⅡ型では「解釈力」・「判断力」,タクソノミーⅢ型では「思考力」・「判断力」です。


次回は,他の資格にみられるタクソノミー分類に沿った実際の問題を紹介したいと思います。

2022年4月25日月曜日

(46282)ブレーキ チューブ RR

 生活保護の扶助の種類は,現在8つあります。


社会福祉士の国家試験は,8つの種類を覚えることだけではなく,それぞれがどんな内容になっているのかまで覚えないと得点になりません。


最も中心的なのは,生活扶助です。各種加算が含まれます。


そのうち,注意しなければならないのは,介護保険料加算です。

これは,65歳になると第一号被保険者になるので,その保険料に対応するための加算です。


それでは,今日の問題です。


第31回・問題65 生活保護の扶助の種類とその内容に関する次の記述のうち,正しいものを1つ選びなさい。

1 介護扶助には,介護保険の保険料は含まれない。

2 生業扶助には,就職のための就職支度費は含まれない。

3 葬祭扶助には,遺体の検案のための費用は含まれない。

4 生活扶助には,小学生の子どもの校外活動参加のための費用が含まれる。

5 教育扶助には,小中学校への入学準備金が含まれる。


この問題は,勉強不足の人はおそらく正解するのは難しいと思います。

実にうまい問題だと思います。


正解は,選択肢1です。


1 介護扶助には,介護保険の保険料は含まれない。


介護保険料に対応するのは,生活扶助の介護保険料加算です。


介護扶助は,被保護者が介護保険サービスを利用した場合の利用料を支給するものです。


それでは,ほかの選択肢も確認します。


2 生業扶助には,就職のための就職支度費は含まれない。


生業扶助は,以下の内容で構成されています。


・生業費

・就職支度費

・技能修得費

・高等学校等就学費


この中で,注意が必要なのは高等学校等就学費です。


教育扶助は,義務教育にかかる費用を支給するものです。


高校等の就学費は,教育扶助の対象にならないため,生業扶助で対応しています。


3 葬祭扶助には,遺体の検案のための費用は含まれない。


葬祭扶助には,遺体の検案のための費用も含みます。


4 生活扶助には,小学生の子どもの校外活動参加のための費用が含まれる。


小学生の校外活動参加のための費用は,教育扶助で対応します。


5 教育扶助には,小中学校への入学準備金が含まれる。


これも注意が必要なものです。


小中学校への入学準備金は,生活扶助の一時扶助で対応します。


2022年4月24日日曜日

生活保護基準

早く昔話になってくれればよいと思いますが,令和2年から新型コロナウイルス感染症の流行が始まりました。


この年のいわゆる「コロナ予算」は,約77兆円でした。


国家予算が約100兆円なので,それに匹敵するほどの規模です。


生活保護は,日本国憲法第25条に規定される生存権を保障する制度です。


生活保護に用いられるのは約4兆円です。


4兆円が多いか少ないかは個人の感覚にお任せします。


それでは,今日の問題です。


第31回・問題64 現在の生活保護の基準に関する次の記述のうち,最も適切なものを1つ選びなさい。

1 生活保護基準は,3年に1回改定される。

2 生活保護基準は,財務大臣と厚生労働大臣の連名で改定される。

3 生活保護に係る施策との整合性に配慮して,地域別最低賃金が決定される。

4 生活扶助基準は,マーケット・バスケット方式によって設定される。

5 生活保護基準に連動して,障害基礎年金の水準が改定される。


最低賃金よりも生活保護のほうが高いということが報道されることがありますが,生活保護受給者の大部分を占めている単身世帯,二人世帯では,そのようになりません。


生活保護基準が引き下げられることがあるのは,最低賃金との兼ね合いではなく,消費水準が下がったためです。


この問題の正解は,選択肢3です。

3 生活保護に係る施策との整合性に配慮して,地域別最低賃金が決定される。


この問題は,第31回国家試験のものですが,この年は,最低賃金に関連する問題がこの問題を含めて,3問出題されました。


その当時,最低賃金のことが話題になっていたかは覚えていませんが,少なくとも,最低賃金よりも生活保護基準が高いから,生活保護基準を引き下げるのではないことを知ってもらいたいという意図はあったように思います。


冷静に考えると,最低賃金よりも生活保護基準が高いから,生活保護基準を引き下げるのではないことはわかります。


なぜなら,生活保護は,最低生活保障ですから,最低賃金よりも低いという理由で,基準を引き下げると最低生活よりも下がってしまうことになります。


そのため,生活保護基準などを鑑みて,最低賃金を決めることが重要です。


世の中に生活保護受給者バッシングが起きることがあります。


生活保護基準が上がれば,最低賃金も上がる可能性があるのに,知らないというのは怖いことです。


それでは,ほかの選択肢も確認します。


1 生活保護基準は,3年に1回改定される。


生活保護基準の改定は必要な時に行うので不定期です。


2 生活保護基準は,財務大臣と厚生労働大臣の連名で改定される。


生活保護基準は,厚生労働大臣が定めます。


4 生活扶助基準は,マーケット・バスケット方式によって設定される。


生活扶助基準にマーケット・バスケット方式が用いられていたのは大昔の話です。


現在は,水準均衡方式が用いられています。



5 生活保護基準に連動して,障害基礎年金の水準が改定される。


国民年金は,マクロ経済スライドいう方式によって決定されています。


最新の記事

第35回の国家試験について~タクソノミーⅡ型・Ⅲ型の問題

厚生労働省社会・援護局長通知(令和4年4月25日)   「社会福祉士国家試験の在り方に関する検討会」報告書を踏まえた今後の社会福祉士国家試験の実施について   https://www.mhlw.go.jp/content/000932518.pdf ...

過去一週間でよく読まれている記事